いぼの外科手術は意外と簡単【クリニックで除去手術を受ける】

比較して選ぼう

女性

事前の情報収集が大切

いぼは人によって大きさや個数が異なるため、適切な手術方法を選び、除去することが重要です。いぼを除去するための手術方法として有名なのは、レーザー治療です。レーザー治療のメリットは、メスを使用しないため出血量が少なく、治療期間が短く済むことです。また、レーザー治療は、色素沈着する心配がなく、施術後の肌は非常に綺麗なのが特徴です。レーザー治療のデメリットは、保険適用外になることです。また、いぼの大きさによってダウンタイムが長くなる可能性もあります。レーザー治療の他に、液体窒素凍結療法があります。メリットは保険が適用され、ダウンタイムが短いことです。デメリットとしては、施術後に色素沈着の恐れがあることです。そのため、顔や露出の多い部位は、施術後に肌が綺麗に仕上がるレーザー治療をお薦めします。また、液体窒素凍結療法では、いぼが再発しやすい方は、何度も通院する必要が出てきます。そのため、費用やダウンタイムの短さだけで決めるのではなく、治療期間や仕上がりを重視することをお薦めします。その他、ほくろが特に大きい方向けに、切除法などもあります。レーザー治療の費用相場は、いぼの大きさを1mmから5mm単位で一箇所あたり、5000円から30000円となっています。切除法の場合は、1?あたり30000円程度が相場となります。自由診療のため、美容外科やクリニックにより料金設定は大きく異なるため、注意しましょう。この他に初診料や麻酔代、アフターケア代などが別途含まれるため、合わせて確認するようにしましょう。いぼの手術では、アフターケアが非常に重要となってきます。施術当日は、処置した部位に保護用テープを貼られます。この保護用テープは、自分で無理にはがさず、自然にはがれるまで過ごします。翌日からは、自然にはがれた場合に、替えの保護用テープを貼り替えます。日常生活において、メイクや洗顔は保護用テープを貼ったまま、当日や翌日から行うことが可能です。切除法を行なった場合は、抜糸が必要となるため、施術部位を避けてメイクや洗顔をする必要があります。普段は肌色のテープを貼るため、施術した部分が大きく目立つ心配はありません。その他アフターケアとして、一番重要な事は、紫外線に注意することです。施術した部位は非常にデリケートになっています。そのため、施術後に紫外線が当たると、メラニンが多く発生してしまう可能性があります。できる限り、紫外線に当たらないようにしましょう。アフターケアは、基本的に担当医師の指示に従い、施術部位の状態が良くなった場合は、必ず日焼け止めを塗るようにしましょう。また、いぼの手術をした場合、塗り薬や飲み薬を併用する場合があります。内側と外側の両方からアプローチすることで、除去が早く完治できる可能性が高まるため、非常にお薦めです。また、内服薬のみの使用では、いぼの除去の完治は難しいため、いぼの除去手術と併用することを検討しましょう。いぼの除去では、アフターケアやアフターサービスが充実している美容外科やクリニックを選ぶことが大切です。また、親切丁寧な事前カウンセリングをしていることも大切です。

Copyright© 2018 いぼの外科手術は意外と簡単【クリニックで除去手術を受ける】 All Rights Reserved.